医療事務の志望動機を例文で教えて!


医療事務として面接を受けることになった時の志望動機の例文について医療事務 志望動機 例文

いくつか紹介したいと思います。

まずはポイントですが、医療事務としてどのようにやっていきたいのか、
また転職の場合には今までの仕事をどのような形で活かしていきたいのかを
アピールするようにしましょう。

例文ですが、「私は今まで一般の事務職としてしか働いたことがありませんが、

医療事務には以前から大変興味を持っておりました。

病院は一種のサービス業だと思うのですが、社会的な貢献ができるやりがいのある職場だと思います。

その病院の顔である医療事務の方に以前親切に接して頂いた経験があり、

その頃から興味を持つようになりました。医療事務は知識や技能だけでなく

コミュニケーション能力も必要だと考えているので、持ち前のその能力を活かして

病院全体が明るい雰囲気になるように努めていきたいと思っています。」


あくまでも例文ですが、中に医療事務に対する自分の思いや職場に対して感じること、医療事務 志望動機 例文

これから自分がどうなりたいか、どのようにしていきたいかなどを具体的に書くようにすれば

相手に対して印象づけることが出来ると思います。

医療事務の面接に来る方は今後増加すると思うので、志望動機という短い部分では

ありますがしっかりと自分の考えを伝えるように心がけていきましょう!
posted by 医療事務資格 at | 志望動機・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療事務の志望動機として面接で有利な書き方は?


医療事務として晴れて資格を取得すれば就職活動を行うことになると思います。医療事務 志望動機 面接

まずは履歴書を書くと思うのですが、志望動機として面接で有利な書き方を紹介します。


医療事務といってもただの事務員ではなく、医療に携わる重要な任務を背負うことになります。

そのため、医療に対しての心構えなどを志望動機として書いておくと良いでしょう。

例えば、以前病院に来た時に親切に説明してもらった経験があり、

自分もそのようになりたいとか、接客業で培ったコミュニケーション能力を活かしたい

といった内容も良いと思います。


医療事務の資格がなくても採用される場合がありますが、面接時に有資格者が

応募していれば当然不利になります。


そんな時でも「やる気」だけをアピールするのは止めた方が良いでしょう。

「やる気があります」というのはどんな面接試験でも使われる言葉なのでありふれています。

説得力にも欠ける言い回しなので具体的にどんなことをやっていきたいのか

アピールすることが重要です。医療事務 志望動機 面接

今までサービス業で勤めていた方が医療事務をやりたいと思うこともあると思います。

全くの異分野に進出する時でも志望動機は非常に重要なアピール部分になるので、

真剣に取り組むようにしましょう。

サービス業は人と接するという意味では医療事務の受付と同じ意味合いを持つので

その部分を融合させてどのように活かしたいかを説明すると良いと思います。
posted by 医療事務資格 at | 志望動機・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする